ホームページ作成前に準備する
集客のための3つのポイント その2

ホームページ作成で最初にやるべき3つのポイントの続きパート2です。

  1. コンセプトを考える
  2. ターゲットを絞る
  3. メリットは何か

今日は2番目の ターゲットを絞るについてお話しします。

先日通勤電車でロッテのガムの広告が目に留まりました。

写真はロッテのサイトからお借りしています。

ご覧のように「中高年向け」と明記されています。

ガムといえば10代の頃よく食べていたように思いますが、ロッテさんの戦略がうかがえます。

 

f-Bizの小出氏が業績をアップするには「ターゲットを絞る」必要性をセミナーで事例を挙げながら講演なさっていらっしゃいます。

私もマツダ紙工様のWEBサイト改革をしていく中で痛感したことがありますのでお話ししますね。

10年ほど前に作られたサイトを変更することになり、ECサイト(ネットショッピング)を独立させることになりました。

作成後2か月間の購入件数は2件。受注管理担当の方に「時期的に売れないので、気にしないでください。」と慰めていただいても、やはり気になります。
D-Bizの加藤センター長にお知恵をお借りすることに、「サイトでは子供ばかり登場してるけど、高齢者向けにしてみたら?終活っていう言葉入れてみたりして。。。」とアドバイスをいただき、

じゃー「終活たんす」します!!!と思い切ってみました。

実際、展示会をしても買ってくださるのはご年配の方が多く、「軽くて、終活に良い」という言葉もいただいているというではありませんか!

早速、「終活たんす」という言葉でページを作成すると、2週間後のアクセス数が4倍に!!!!

そして今まで全然ネットからの注文が入らなかったのに、あらららら??注文が来るではありませんか!!!

社長さんにとって、ターゲットを絞り込むのはとても勇気のいることだと思います。

ですが、自社の製品・商品・サービスは誰にとって一番使ってもらうのに適しているのかを考えてみてください。

  • お客様を姿を想像してください
  • お客様の声を聴いてください

あなたが思っている以外の層が、もしかしたら一番欲しがっているかもしれませんよ。